抗酸化とアトピー性皮膚炎

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > 抗酸化とアトピー性皮膚炎

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。

●追加ページ
・カテゴリー「生活習慣病」について
  癌、高血圧、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞などの生活習慣病に関する情報を提供します。

 2011/10/11

抗酸化とアトピー性皮膚炎


  抗酸化とアトピー性皮膚炎の関係を述べます。

  アトピー性皮膚炎についても、活性酸素が深くかかわっており、抗酸化が有効と言えます。

  アトピー性皮膚炎と言えば、昔は子供がかかる病気で、軽い症状でした。

  しかし、最近では子供ばかりでなく大人まで、多くの人がアトピー性皮膚炎で苦しんでいます。

  一方、アトピー性皮膚炎の患者は、京浜、阪神、中京、北九州などの工業地帯と、その周辺に分布しています。

  そのことから、アトピー性皮膚炎は、工場から排出する公害物質、排気ガス、大気汚染などの都市公害が深くかかわっていることは否定できません。

  これらの公害物質は、ほとんどが活性酸素の発生源となります。

  また、一般的に、皮膚疾患にかかると、過酸化脂質や抗酸化物質の変動があることから、活性酸素の関与が示唆されています。

  さらに、アトピー性皮膚炎の人は、抗酸化物質を活性化する力が平均値より低いことがわかっています。

  また、不飽和脂肪酸を多く蓄えていて、これが、活性酸素により、過酸化脂質に変質します。

  そのため、皮膚の角質層の保湿機能が低下し、皮膚が乾き、アトピー性皮膚炎が悪化します。

  アトピー性皮膚炎を抑えるためには、脂肪分の摂取を抑え、不飽和脂肪酸を過酸化脂質に変質させる活性酸素を抑えることが重要であると言えます。

  そして、この活性酸素を抑えるためには、活性酸素発生源を排除するとともに、抗酸化が重要となります。⇒活性酸素発生源についてはこちら「活性酸素発生源」へ

  抗酸化機能を高めるためには、体内での抗酸化酵素の供給を活発化するとともに、外部から抗酸化物質を摂ることが必要となります。
  ⇒抗酸化酵素についてはこちら「抗酸化酵素」へ
  ⇒抗酸化物質についてはこちら「抗酸化物質とは」へ




・・・・・・ PR 「抗酸化力抜群!」 ・・・・・・

サジー(沙棘)の紹介

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


  サジーの抗酸化力は抜群です。

抗酸化比較

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ