抗酸化と認知症

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > 抗酸化と認知症

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。

●追加ページ
・カテゴリー「生活習慣病」について
  癌、高血圧、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞などの生活習慣病に関する情報を提供します。

 2011/10/09

抗酸化と認知症


  認知症についても、主原因は活性酸素であり、これを抑えるには抗酸化が必要となります。

  認知症は、老人性認知症とアルツハイマー型認知症があります。

  老人性認知症については、脳梗塞や脳出血の後遺症により、脳の一部の神経細胞が壊死し、脳の機能が低下することにより起こります。

  一方、脳梗塞や脳出血は、脳血管内部において、活性酸素により、LDL(悪玉コレステロール)が酸化され、それを取り込んで死んだマクロファージの死骸が蓄積し、血管がぼろぼろになるのが主原因なんです。⇒詳細はこちら「抗酸化と脳梗塞」へ

  つまり、脳梗塞や脳出血の主原因は活性酸素であり、認知症の主原因は活性酸素ということになります。

  アルツハイマー型の場合は、直接の原因はわかっていませんが、これも、活性酸素が原因の一つであることが推測できます。

  老齢化すると、脳内に、老人斑と呼ばれる色素の沈着が生じますが、アルツハイマー型の場合、この老人斑が、通常の人より異常に多くなるのです。

  そして、この老人斑は、脂肪が活性酸素により酸化、変性したものなんです。

  したがって、アルツハイマー型認知症の原因について、活性酸素の疑いを否定することができません。

  したがって、認知症を抑えるには、活性酸素を抑えることが重要であり、抗酸化が重要であることがわかります。

  抗酸化力を得るためには、一つは、体内での抗酸化酵素の供給を活発化することです。⇒詳細はこちら「抗酸化酵素」へ

  二つは、外部から抗酸化物質を摂ることです。⇒詳細はこちら「抗酸化物質とは」へ




・・・・・・ PR 「抗酸化力抜群!」 ・・・・・・

サジー(沙棘)の紹介

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


  サジーの抗酸化力は抜群です。

抗酸化比較

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ