抗酸化と肝臓病

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > 抗酸化と肝臓病

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。

●追加ページ
・カテゴリー「生活習慣病」について
  癌、高血圧、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞などの生活習慣病に関する情報を提供します。

 2011/10/06

抗酸化と肝臓病


  抗酸化と肝臓病の関係を述べます。

  基本的には、体内でのエネルギー発生過程や、体内に入ってきた異物への対応、放射線などの電磁波などにより発生した活性酸素により、体内のあらゆる細胞が傷付けられ、死滅することにより、いろんな臓器に障害、病気が発生します。⇒詳細はこちら「活性酸素で細胞死滅」へ

  肝臓病についても例外ではありません。

  肝臓は、さらに、活性酸素に対して厳しい状況にあります。

  つまり、肝臓は、他の臓器よりも、活性酸素の脅威にさらされやすいのです。

  それは、多種大量の化学処理を行うために、肝臓の細胞には、他の細胞より多くのミトコンドリアが存在します。

  肝臓の細胞には、1個の細胞当り、500個〜2,500個のミトコンドリアが存在するのです。

  ミトコンドリアから、エネルギーを発生する過程で、スーパーオキサイドラジカルという活性酸素が発生します。⇒スーパーオキサイドラジカルについてはこちら「活性酸素の種類」へ

  このことは、まさに、肝臓においては、他の臓器以上に、常時、多量の活性酸素が発生し、それにさらされていることを示しています。

  肝臓が障害されると、脂肪肝、肝炎、肝硬変、さらには肝臓癌になる可能性が高まります。

  特に中高年になると、この現象が顕著になっていきます。

  肝臓病から身を守るため、つまり、活性酸素を抑えるためには、次が必要となります。

  活性酸素を抑えるには抗酸化しかないと言えます。

  具体的には、まず、体内から供給される抗酸化酵素の供給力を活発にすることです。⇒詳細はこちら「抗酸化酵素」へ

  次に、外部から抗酸化物質を取り入れることです。⇒詳細はこちら「抗酸化物質とは」・「抗酸化と食べ物」へ




・・・・・・ PR 「抗酸化力抜群!」 ・・・・・・

サジー(沙棘)の紹介

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


  サジーの抗酸化力は抜群です。

抗酸化比較

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ