活性酸素の発生源

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > 活性酸素の発生源

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。

●追加ページ

 2011/08/07

活性酸素の発生源


  適切な活性酸素対策を講じるには、「活性酸素の発生源」を知り、活性酸素を減らす努力をする必要があります。

  発生源の一つ目は、身体の内部、つまり細胞内です。

  体内に取り入れられた酸素は、ほとんど、細胞内のミトコンドリアでエネルギーを得るために使用され、その過程で、活性酸素が発生します。

  したがって、無酸素運動(激しい運動)をすると、多量の活性酸素が発生することになり、無酸素運動は望ましくありません。

  逆に、ジョギングなどの有酸素運動は、むしろ、身体の代謝をよくし、活性酸素を抑える酵素の分泌を促進するために「活性酸素対策」に有効です。これを実践で証明した方がおられます。今も存続している「広島壮年走ろう会」の創始者です。⇒詳細はこちら「驚くべき実践者」へ

  発生源の二つ目は、体内に、異物、外敵です。

  これが体内に侵入してきた時に発生します。

  問題は、近年、防腐剤、乳化剤、発色剤、着色剤、化学肥料、農薬、発癌物質、排ガス・・・と、この異物が増えていることです。⇒詳細はこちら「抗酸化と活性酸素」へ

  発生源の三つ目は、メンタル面です。

  ストレスが増えると活性酸素が増えます。

  ただ、ストレスがない状態にすればいいかというと、そうではなく、ストレスに強くなることが重要です。⇒詳細はこちら「抗酸化とメンタル」へ

  発生源の四つ目は、外部からの電磁波です。

  電磁波も大きな活性酸素発生源となります。

  パソコン、携帯電話などの電子機器から出る電磁波、電子レンジなどの調理器から出る電磁波、送電線、携帯電話のアンテナなどから出る電磁波、太陽光線、放射線など、電磁波の発生源は増える傾向にあります。

  なお、波長の短い電磁波ほどエネルギーが強く、波長の短い紫外線による肌のシミ、老化、さらに波長の短い、放射線による癌の発生などが顕著と言えます。
  ⇒詳細はこちら「紫外線と美容」へ
  ⇒詳細はこちら「放射能は抗酸化で防ぐ」へ

  このように、活性酸素の発生源について、正しい認識を持ち、活性酸素の発生を防ぐことが重要であることがわかります。

  また、抗酸化により、発生してしまった活性酸素を消去することも重要ですね。




・・・・・・ PR 「抗酸化力抜群!」 ・・・・・・

サジー(沙棘)の紹介

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


  サジーの抗酸化力は抜群です。

抗酸化比較

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ