抗酸化酵素

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > 抗酸化酵素

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。

●追加ページ

 2011/05/25

抗酸化酵素


  本来、活性酸素は猛毒なんですが、人体には、この活性酸素の猛毒から身を守るしくみが整っています。⇒詳細はこちら「本来酸素は猛毒」へ

  抗酸化力を持った酵素、「抗酸化酵素」が、体内で合成されているのです。

  抗酸化酵素は、対象とする活性酸素が決まっています。

  例えば、スーパーオキサイドラジカルという活性酸素を抑える抗酸化酵素は、「SOD」(スーパーオキサイドディスムターゼ)という抗酸化酵素です。⇒詳細はこちら「抗酸化とSOD」へ

  過酸化水素は、「カタラーゼ」という抗酸化酵素が抑えます。

  ハイドロキシルラジカルは、「グルタチオンペルオキシダーゼ」という抗酸化酵素が抑えますが、酵素だけでは完全に抑えきれません。

  一重項酸素については、抑えられる抗酸化酵素はありません。

  したがって、ハイドロキシルラジカル、一重項酸素に対しては、外部から抗酸化物質を摂る必要があります。⇒詳細はこちら「活性酸素の種類」へ

  活性酸素による問題を大きくするのは、抗酸化酵素が年令とともに減少していくことです。

  そして、抗酸化酵素が不足しだすと、活性酸素を抑えきれなくなり、活性酸素により、細胞が酸化され、細胞が傷つき、さらには死滅し、いたるところが生活習慣病になります。⇒詳細はこちら「活性酸素で細胞死滅」へ

  この抗酸化酵素の減少に対する対策です。

  まず一つ目は、身体を若く保つことがもっとも重要なのです。

  身体を若く保つためには、「有酸素運動」と、人生の「張り・やりがい」(メンタル面)が必要です。

  有酸素運動については、驚異的な報告があります。⇒詳細はこちら「驚くべき実践者」へ

  「張り・やりがい」(メンタル面)については、ストレスに向って生きることです。⇒詳細はこちら「抗酸化とメンタル」へ

  二つ目は、「抗酸化酵素の供給を促す栄養成分の摂取」が必要です。

  そのためには、亜鉛、セレンなどの微量ミネラル、良質のタンパク質などが必要となります。

  抗酸化酵素の供給を促すための具体例です。

  活性酸素の一つ、スーパーオキサイドラジカルを抑える抗酸化酵素であるSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)に対しては、主に、微量ミネラル「亜鉛」と良質のタンパク質が必要です。⇒詳細はこちら「抗酸化とSOD」へ

  次に、これも活性酸素の一つ、ハイドロキシルラジカルを抑える抗酸化酵素、グルタチオンペルオキシダーゼに対しては、主に、微量ミネラル「セレン」(セレニウム)が必要とされています。

  参考までに、「セレン」については、1日の必要量50〜100μgに対し、サジー(沙棘)果実には、900μg/100mlも含まれているという報告もあります。




・・・・・・ PR 「抗酸化力抜群!」 ・・・・・・

サジー(沙棘)の紹介

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


  サジーの抗酸化力は抜群です。

抗酸化比較

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ