えこひいき

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > えこひいき

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。

●追加ページ
・カテゴリー「人生・経営」について
  抗酸化酵素の代謝をよくするため、活性酸素の発生を抑えるためには、メンタル面での健康が欠かせません。
  そのためには、人生、経営が安定し、成功することが重要となります。

 2011/02/01

えこひいき


  「えこひいき」の法則も、世渡りに役に立つと思います。

  また、ストレスを処するに有効な法則です。

  「えこひいき」とは、上司が、複数の部下間で、その扱いに差をつけることです。

  上司からえこひいきされると、通常、ストレスを感じます。

  この法則を知れば、えこひいきされた時の深いストレスを回避することができます。

  また、えこひいきされるどころか、常に上司から大切にされることになります。

  あなたは、上司がらえこひいきされた時、どう考え、どう対処しますか?

  えこひいきされた部下の立場から見ると、「えこひいきはおかしい。」、「部下を平等に扱うべきだ。」、「えこひいきは上司のすべきことではない。」などと思うでしょう。

  つまり、えこひいきに対して否定的に考えますよね。

  それが、上司目線で見るとそうでもないんですよね。

  否定的なことではなく、えこひいきすることは当たり前のことなんです。

  部下が10人居たとすると、ほとんどの場合、尽くしてくれる部下(Aグループとする)、普通レベルの部下(Bグループ)、足を引っ張る部下(Cグループ)に分かれます。

  上司には次のような気持ちが芽生えます。

  「Aグループの部下は可愛いし、手元に置いて引き上げてやりたい。」

  「Cグループの部下は嫌いだ。チャンスがあったら追い出したい。」

  さらに、そういう状態が長く続くと、この気持ちが揺るぎないものになっていきます。

  そして、リストラ問題などが起きると、Aグループは守り、Cグループは首を切るという、えこひいきばりばりの結果になります。

  つまり、上司目線では、えこひいきは当然なんです。

  これが、「えこひいき」の実態です。

  中小企業の場合ではもっと明白です。

  Aグループの部下は、社長から気に入られ、娘をもらってくれとか、会社を継いでくれと言われる道がついていくと思いませんか?

  給料上げてくれるかどうかという次元をはるかに超えて、会社とか娘をもらうことができる道がつくほどの法則です。

  上司も人の子であり、部下を、理より情(好き嫌い)で判断するとも言えます。

  この「えこひいき」の法則を知り、上司に尽くすことで、人生の道が開けていくと思います。

  もし、上司が嫌なやつであっても、それでも、自分の道を開くためには「尽くすこと」なんです。





・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・


  健康で長生きしたい方は、次を読んでみて下さい。

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ