活性酸素とは

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > 活性酸素とは

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。


●活性酸素とは

  活性酸素とは何でしょうか?

  要するに、「活性」化した「酸素」というところでしょうが・・・。

  活性酸素が何かという前に「酸素」とはどういうものかを確認します。

  本来、酸素は猛毒です。⇒詳細はこちら「本来酸素は猛毒」へ

  地球の歴史を見ると歴然です。

  20億年ほど前の話です。

それまでは、地球上には酸素がなく、「嫌気性生物」が存在しました。

  その頃、植物が出現し、地球上に酸素が放出され、嫌気性生物は全滅しました。

  今、我々が生きているのは、酸素の猛毒がなくなったからではなく、酸素の猛毒を抑える解毒方法(抗酸化酵素)を身に付けたからです。


  さて、活性酸素ですが、活性酸素のどこが「活性」なんでしょうか。

  酸素の猛毒の理由は、鉄を錆させるように、相手を酸化することです。

  活性酸素は、その酸化する力が強力なのです。

  なぜなら、活性酸素は、不対電子(相手がいない電子・対になっていない電子)を持っており、他から電子を奪って対(ペア)になり、安定化しようとする性質を持っているからです。

  つまり、他から電子を奪う力(=酸化力)が強いということが、活性酸素の「活性」の理由です。


  活性酸素は、この強い酸化力により、人間にさまざまな害を及ぼします。

  ただ、これは、上記の「抗酸化酵素」の供給量が減少する、中高年から生じる現象です。

・細胞を傷つけ、死滅させ、体内のあらゆる臓器を病気状態にします。⇒詳細はこちら「活性酸素で細胞死滅」へ

・血管を「ぼろぼろ化」し、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの血管系生活習慣病を引き起こす主原因になります。⇒詳細はこちら「血管ぼろぼろ化」へ

・DNAを傷つけ、遺伝子を破壊します。⇒詳細はこちら「DNAが壊される」へ

・癌を引き起こす主原因となります。⇒詳細はこちら「癌・最大の問題は」へ

・糖尿病を引き起こす主原因となります。⇒詳細はこちら「糖尿病の原因は」へ

  知れば知るほど、これでもかというほど、活性酸素の怖さがわかります。

  ただ、幸いなことには、この世に、上記「毒消し」の酵素、「抗酸化酵素」の減少を補うものがあるということです。

  それは、「抗酸化」であり、「抗酸化物質」を摂ることです。




・・・・・・ PR 「抗酸化力抜群!」 ・・・・・・

サジー(沙棘)の紹介

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


  サジーの抗酸化力は抜群です。

抗酸化比較

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ



>>> このページの画面上