アンチエイジングは抗酸化で

抗酸化を極める

抗酸化情報サイトhealthy88へようこそ

ホーム > アンチエイジングは抗酸化で

    (注)このホームページを読まれる前に、必ず「注意事項」をご覧下さい。
    (注)情報の信頼性については、「情報の信頼性」をご覧下さい。

●アンチエイジングは抗酸化で

アンチエイジングの敵・活性酸素


  アンチエイジングは、「抗酸化」なしでは困難です。

  抗酸化の重要性を理解するためには、まず、老化の最大の敵が「活性酸素」であることを知る必要があります。

  年をとるとともに、顔などの皮膚表面に現れてくるシミやシワ、潤いを失っていく肌、進む老眼などの、老化現象の主原因は「活性酸素」による「細胞の酸化」ということがわかってきました。。

  活性酸素により細胞が酸化されると、細胞は傷つき、死滅してしまいます。⇒詳細はこちら「活性酸素で細胞死滅」へ

  目や、脳、内臓など、体内のすべての臓器の細胞が傷つき、死滅するわけですので、老化が進み、ひいては生活習慣病になっていくのは当然と言えます。

  また、活性酸素は、「血管ぼろぼろ化」の主犯でもあり、血管を老化させ、動脈硬化、高血圧、さらには、脳梗塞、心筋梗塞などの血管系の病気を引き起こします。⇒詳細はこちら「血管ぼろぼろ化」へ

  アンチエイジングのために、運動、エステ、化粧品、サプリメントなど、いろんな努力をされている方もたくさんおられますが、活性酸素により、体全体が老けてしまってはもともこもありません。

体全体が老化したら


  アンチエイジングのためには、何よりも「活性酸素対策」が重要なんです。

  さらに、問題を大きくしているのは、昔に比べ、近年、格段に活性酸素が発生しやすくなっていることです。

  排ガスの増加、食品添加物に始まって、住宅建材、化学肥料、農薬、防腐剤、洗剤、漂白剤、殺虫剤、除草剤などの増加と、いずれも活性酸素の発生源の増加となります。

  また、放射線、紫外線をはじめ、電子レンジ、テレビ、パソコンなどの電磁波、タバコの煙、そして、ストレスも活性酸素の発生を促します。⇒詳細はこちら「放射能で活性酸素が」へ


抗酸化が必須


  本来、体の中には、活性酸素を抑える、抗酸化物質(酵素)を生成するしくみがあります。

  しかし、上記の「活性酸素発生源の増加」に加え、中高年になると、体内から供給される抗酸化酵素が少なくなり、活性酸素を抑えることができなくなります。

  つまり、どうしてもアンチエイジングを実現するためには活性酸素を抑える必要が高まっていきます。

  そして、活性酸素を抑えるには、抗酸化物質の摂取、つまり、「抗酸化」が必要となります。
  
  つまり、アンチエイジングのためには、「抗酸化」しかないという状況になるんですね。




・・・・・・ PR 「抗酸化力抜群!」 ・・・・・・

サジー(沙棘)の紹介

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


  サジーの抗酸化力は抜群です。

抗酸化比較

  詳しいサジーの情報は、次の 「(株)フィネス」 へどうぞ。

詳しくは(株)フィネスへ


・・・・・・・・・・・ あなたに大切なお誘い ・・・・・・・・・・・・

トップページ案内

  トップページは、次へどうぞ。

トップページへ



  >>> このページの画面上